グループ事業先の(株)インパクト(共同開発:佐賀大学(北垣浩志教授:研究室))が2017年12月の学会にて梅の花乳酸菌はエンテロコッカス・フェカリス菌である事を同定し発表しました。

<・梅の花に着目した理由:日田市大山町は厳しい冬の山里に9,000本の梅の木があり、2~3月に満開の梅の花を咲かせます。

この厳しい冬に咲く花にこそ、環境に耐え抜いた機能性の高い乳酸菌がいるのではないかと考え、佐賀大学の北垣先生と(株)インパクトにて研究開始。数度のやり直しをへて、その時期最後の花から、ついに機能性の高い乳酸菌を発見、単離獲得に成功しました。

(特許出願中)>

                詳しくはこちらから

●梅の花乳酸菌Enterococcus faecalis(エンテロコッカス・フェカリス)について●

◎梅の花乳酸菌はエンテロコッカス・フェカリス(NK-1)というは乳酸菌です。ビフィズス菌など棒状の形をした乳酸菌に比べると、フェカリス菌は(球体)と呼ばれる菌体で一度に沢山摂る事に適した形をしています。一般的な乳酸菌に比べると小さい形状なので大量に摂取する事が出来ます。

◎梅の花から取れた乳酸菌(植物性)です。

◎フェカリス菌と呼ばれる乳酸菌は新型乳酸菌のひとつで、専門的にはNK-1菌を熱処理して乾燥させた死菌(殺菌)のことです。乳酸菌(NK-1)は加熱して死菌にしても乳酸球菌の働く死菌でも力に全く変わりません。→ 「活性が強く、健食として高レベル」   

 

梅の花乳酸菌を使って商品化してみませんか!

→死菌で使用できるため、何にでもまぜられます

  ☆味も色も、加熱しても、冷凍してもほとんど変化しません。

  ☆死菌のため、充填環境や加工場環境でも、他にほとんど影響を与えません。

  ☆1g中に5,000億個の乳酸菌なので、極微量の使用で商品化ができます。